星の音:sound of star:

占星術、心と身体、スピリチュアルなどの情報発信

冥王星体験はグローバルネットワークにつながる

先日の大嶋先生の講演会で
やっぱりそうなんだ!
と思った事がありました。

 

人は脳のネットワーク
ミラーニューロンでつながっている。

これが前提にあります。

 


親、友人など
身近な人の脳とつながるのは
ローカルネットワーク。


これにつながると
嫉妬や邪魔が入る。

 

だけど、
グローバルネットワーク
につながると、
時空を超えていく。

過去の偉人や
未来の自分と
つながることもできる。

 

だけど多くの人は
ローカルネットワークで
満足してしまっていて
両親とも仲良しです!
愛してくれてます!

というのは
とってもあやしい。

という事でした。

 

グローバルネットワークと
つながっている人は、
親の愛が嘘だと気づいてしまった人。

人間に愛なんてないと
気がついてしまった人。

 

それはどうしてかというと…

 

死の体験をしたり
死ぬような目に遭ったり
とことん追い詰められたり
極限の体験をしてしまうと

グローバルネットワークに
つながってしまう…

という事でした。

 

これはほんと
その通りだなと
常々思っていることでした。

 

スピリチュアルを
探求している人は、
過去に極限状態になった人が多い。

 

占星術でいうと、

冥王星体験

です。

 

冥王星を超えると
恒星の世界に入っていきます。

 

まさに
グローバルネットワーク。

 

時空を超えます。

5次元、6次元の世界。

 

これを1度知ってしまうと
もうローカルネットワークでは
満足できなくなる。

 

ローカルネットワークは
土星までの世界。

 

枠でガチガチです。

正直しんどいです。

 

 

冥王星体験してしまった人は
この世で生きにくくなる。

 

だけど、
この世で生きていかなければ
いけないわけです。

 

 

大嶋先生は

全部嘘。

とおっしゃいました。

 

そう。

 

土星までの世界は
おそらく
全部嘘、幻想なのでしょう。

 

それをわかって、
わかりつつ、
嘘を生きる。

 

土星を知る、
土星を生きるからこそ、

その枠を超えて
恒星の世界へ
つながっていける。

 

知らずに生きるのと
嘘だと知りつつ生きるのは
全く違うと思います。

 

演じるわけでもなく
投げやりでもなく


知りつつ生きる。

 

愛はないけれど
そこからみえてくるものがある。

 

 

肉体自体が
もうすでに枠です。

 

その枠の中で
時空を超えて
つながれるものがある。

 

インスピレーション
イデア
創造性

 

一体どこから来るのでしょう。

 

それを否定せずに
この枠の中で
愛を体験する。
表現、体現していく。

 

それこそが
この地球にうまれた
うまれてしまった
人間の使命なのかもしれません。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

応援clickくれた方に幸あれ!