星でサポート、星がサポート。星で元気になる。   【 hosi-sapo 】

占星術、心と身体、スピリチュアルを紐解き 「元気=元の気=自分らしく」

星に振り回されない

今日は
ちょっと思うことを
つらつらと書いてみます。

 

さて…

 

私は占星術を勉強して
本当によかったなと
思っているのですが…

 

最近は少し
違和感というか
読み方、伝え方が
難しくて高度になってきた
と感じています。

 

それは、
この世的なことや情勢に
あてはめたり

どうしても
この3次元的、物質的なことに
あてはめないと
説明がつかないからです。

 


身体を持っている限り、
星の運行に影響は受けます。

 

だけど…

この天体があるから
こうなるよ、
こんな感情になるよ、

そんな
地球的な感覚に
あてはめることに
違和感が出てくるようになりました。

 

 

私的には、
もう地球全体が
5次元へ向かっている感覚があります。

 

星の配置、
今までの星の解釈、
それに振り回される人間…

 

もうなんだか違う。

 

 

そんなのどうでもいい、
という訳ではなくて。

 

今までの次元とは
違うところに来ているような
感覚があるんです。

 

 

昨年、
古来から伝わる伝統的な風水を
本格的に学んだりしたのですが…

その風水も「古い」
と感じるようになってしまいました。

 

地球に縛られてる場合じゃないというか…

 

ホロスコープ
風水よりは次元が高く
アストラル体より上の視点で読みます。

 

エーテル

アストラル体

メンタル体

コーザル体


と、肉体の内側から
広がっているわけですが…

 

アストラルとは「星」です。

星に影響を受ける
身体という事。

 

アストラルの視点では
ホロスコープの情報を
キャッチできないそう。

それより外側の
視点から受け取るわけです。

 

確かに。

 

この数年間
ホロスコープを読んできて
自分から出て来ている
情報じゃないなあと感じていました。

集中すると
ふと降りてくる言葉を
ぶわあーーーっと
書いていく作業でした。

 

時々、集中が切れると
自分の頭のジャッジが働いて
なんか違うなあ…という言葉を書いていて。


恐れを引き出したり
焦りを促したり
へんにテンション高かったり
その人をジャッジするような
言葉が出てきたら
上からの情報じゃないのです。

 

そうなると
すぐに鑑定を中断して
またクリアになってから
書き始めるという作業を
何日かかけてやっていました。

 

最近は、
ホロスコープを眺めるのですが
それをわかりやすく
この世的にあてはめることが
難しくなっていて…

 

星に振り回されてる場合じゃねーよ

 

みたいな。

 

 

でも、確かに
星からのエネルギーは来ています。

それはもう
言葉を超えているところに
届いている感覚。


どうしても
抽象的になります。

 

 

表面的じゃない
もっと深いところ…

というよりも

自分の中心にあって
それは宇宙でもあって

空(くう)であって

無極なところ

 

 

宇宙の中心から
太陽を通じて
私たちに送られてくる情報

 

それを
現象化させているのは
私たちのマインドであり
反射的な反応。

 

どれだけマインドを
静かに保てるか。

 

外側の出来事に
反射的に反応してないか。

 

そこから
見えてくるもの。

 

自分の中にあるものが
反応しているだけ。

 

 

それをクリアにしていく。

 

 

すると、
星に振り回されなくなる。

 

 

そんな気がしています。

 

 

それを知った上で
自分のホロスコープ
星からの情報を
この世で受け取り活かして行くか。

 

ブログでも
何度かこのような記事を書いてますが

やはりそこにかかっているなと
強く思うのでありました。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

メール鑑定受付中→ 

 

土星が水瓶座に一時入室

 

 土星水瓶座入りの瞬間

 

 

2020年3月22日 13:00:39

土星水瓶座に入ります。

 

大きな時代の転換期に
差し掛かろうとしています。

 
社会の動きがどうであろうと
そこに飲まれず、
振り回されず、
生きていく事は可能です。

 

まずは自分自身。

ひとりひとりが
軸を持つことが大切な時代に
なっていきます。

 

今、世界全体が
それを試されているのではないでしょうか?

 

さて、
水瓶座最初の度数である
サビアンシンボルは…


【古いレンガ造りの伝道所】
理想のビジョンを実現するために即動き出すような度数です。

本格的な土星水瓶座入りに向け
自分の理想をみつけておく。

 

そんな約1ヶ月半。

 

ディセンダントに重なっており
天王星とスクエア圏内。


あなたの理想は何?


天王星が今までの枠を
とっぱらうように促しています。

 

 

その後、
水瓶座1.95まで進み
5月11日逆行を開始。

山羊座25.33まで戻り
9月29日順行となります。

 

そして

12月17日
再び水瓶座に入室。

 

この時、
月・木星土星
MCにぴったりと重なり
金星がセクスタイル

 

地道な中に
輝きがもたらされるような
そんなイメージ。

 

グレートコンジャンクション目前です。

 


土星の動きを簡潔に
まとめると…

3/22  水瓶座0.00
5/11  水瓶座1.95(逆行開始)
9/29  山羊座25.33(順行)
12/17  水瓶座0.00

 


さて…


水瓶座土星
水瓶座のことが制限されると読むのか。
水瓶座のことの基盤をつくる時と読むのか。

 


私の体感というか
経験的には、

土星が入ると
そのサインのことや
自分のハウスに関わることを
じっくり取り組み始める。

 

さらに天体と重なると
その天体が持つ課題を
やらざるを得ないような
状況になる…

 

という事が起こっています。


自分が持っている
基盤となる土地を
耕し種まきをする


そんな時だと感じています。


耕すのは体力もいりますし
地味な作業です。

なので、制限されるように
感じる人もいるかもしれません。

 

でも

それをやっておくと
木星が来た時に
芽を出し広がっていく。

 

そんなことが
実際起こっています。


今回は土星木星
同時にやってくるわけですから
地味な作業をしつつも
広がっていく感覚も
味わえるのかなと思っています。

 

 

もうひとつ。

 

もしも自分の月と
重なるという方のために…


ネイタルの月に重なる時は
感情が揺れ動くような
不安定というか傷つくというか…
母親の事象として出たり
パートナーの月に土星が来ると
なぜか自分が不安定になったりとか。

 

「厳しい出来事」を通して
その不安定さがやってくるような感じ。

まるでいじめられてるような。
なんでこんな事が起こるの?
と言いたくなるような。


月ってほんと
弱いというか、軟弱というか
よく言うと柔らかい感じ。

それを鍛えられてる感覚です。

 

自分の月に
土星がやってくるのは
一生のうちに多くて3回。

 

土星が関わるたびに
強くなっていく月。
根を張る感覚です。


しっかりと根を張れば
元々持っている
柔軟性があるから
強い風がきても
しなやかに揺れ動き
折れないのです。

 

やわらかく強い月に
進化していく。

 

そんな風に
感じています。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

メール鑑定受付中→ 

 

 

不自由の中に自由が宿る

本格的な水瓶座時代に向けて
自由というキーワードを
よく見かけるようになりました。

 

 

自由。

 

自由ってなんだろう。

 

 

1998年から
フリーランスでやってきた私は
当初このテーマを
ずっと考えていました。

 

昔のブログでも
散々同じことを書いた記憶があるのですが…

 

 

フリーランスって
自由でいいよね!

 

好きな事できていいね!

 

 

今でこそ、
このセリフを言う人は
いなくなったように思いますが…


当時はよく言われてました。

 

 

確かに、
好きな事をやっています。

時間もわりと自由です。

 

でも

納期とかはある。

 

1日の時間も
24時間と決まっている。

 

そもそも!

 

身体がある時点で
すごい枠の中に入らされている感覚!!

 

 

その中で、
どういう風に自由を生み出すか

なんですよね。

 


例えば、靴下を作っている人がいたとして。


靴下、という形がありますよね。

 

足が入らなければ
靴下にはならない。


ある程度の型は
決まっています。

 

細すぎたら入らないし
太すぎたらぶかぶかで歩きにくい。

奇抜さを狙って
履き口を星型にしたら
型崩れして星どころか
ふにょふにょになった…

 

とか。

 

ある程度の型は
どうしてもあるわけです。

 

その中で、
発想力と創造力をもって
どう新しいものを生み出すか。

 

結構不自由です。

 

自由は自分の内側から
あふれてくるものだと思います。

 

会社員でも、バイトでも、派遣でも
その中で自由な発想を使って
仕事をしていく事はできる。

 

会社という枠組みの中にいながら
自由な感覚でいることはできます。

 

自由はすぐそばにあるのです。

 

これは鑑定の中でも
時々お伝えしていました。

 

 

これに気が付いた人が
ほんとうの自由を得ると
強いのだと思います。

 

 

自由は、
好きなことだけしたり
好き勝手したり
ふらふらすることではない。

 

枠、ルール、責任の中に
自由が宿ります。

 

山羊座を経ての水瓶座です。

 

いや、

12サインの始まりである
牡羊座から順に獲得してきての
水瓶座なのだろうと思います。

 

特に対局である
獅子座の自己表現、自分の確立、
創造性、楽しむことがあってこそ
自由を得ることができる。

 

 

社会全体がここまで成熟するには
まだまだ時間がかかるのではないかと思います。

 

今は過渡期で
社会全体が揺れていますが
ひとりひとりが
自己を確立し自由を知れば
社会にも反映される。

 

20年前にくらべて
ずいぶん自由になっている人が
増えたと感じています。



夜明け前の暗さを抜けて
うっすら明るくなってきたような
そんな時を過ごしている感覚です。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

メール鑑定受付中→