読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星でサポート、星がサポート。星で元気になる。【 hosi sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

鶏が先か、卵が先か

セラピストがいるから体調悪い人が存在するのか

占星術師がいるから人生に迷ってる人が存在するのか

医者がいるから病気の人が存在するのか

癒そうとする人がいるから癒やされてない人が存在するのか

 

ヒーリング、セラピー、心理療法、自然療法などを学んでいた時
ずっとこの問いは自分の中にありました。

あの人おかしいよね

あの人元気ないよね

それって病気だよね


そうやって判断したとたんに
おかしな人や病気の人が出来上がる。

「それって◯◯じゃない?」
と指摘したとたんに、その人はその言葉にとらわれる。

暗示にかかる。

呪いにかかる。

そして、それを改善しようとする。

それがダメなことという前提がないと
改善しようという考えなんて浮かばない。

周りの人の言葉、メディアから流れてくること。

鵜呑みにしないと言われても
なぜかフッと、とらわれてしまうことがある。

目に見えないものを扱う時
扱う人がどういう状態なのか
とても大切になってくる。

だからいつも自分を律して
柔軟さと軸を持つこと。

相手を判断しないこと。

相手への尊敬。

心ない人に判断され、自分が見えなくなった人を
本来のその人に導く役目が
セラピスト、ヒーラー、占星術師など
目に見えないものを扱う人なんだろうと思う。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆