星でサポート、星がサポート。星で元気になる。

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

金環日食の思い出

2017年2月26日

日本では確認できませんが
金環日食を伴う新月です。

 

金環日食といえば、2012年5月21日
日本でも確認できましたね。

本当に神秘的で
宇宙ってすごいなあ…と感じさせてくれました。

あの頃、宇宙のことは大好きなのに
占星術には興味もありませんでした。
12星座占いはもってのほか!(笑)


当時のホロスコープを確認してみると
双子座の新月海王星ドラゴンヘッドがTスクエア
そこに木星と水星も寄り添っていました。


震災、原発事故で揺さぶられ、
自分に出来ることは何なのか?
周りのみんなが考えていた時期だったと思います。


私はというと、
どっぷりスピリチュアルに浸かっていました。

たくさん本を読み、知識としても
ワークショップや講座で実践としても
かなーり深いところに入り込んでました(^^;)

太陽・海王星スクエアっぽいですね~。
ちょっと過去生からの縁の集まりっぽかったですし。
レムリアがどうとかね… アハ…アハハ…
でも実際そうなんだろうなと今も思います。

しかも、自分のネイタル海王星
ドラゴンヘッドコンジャンクション
がっつりノード軸がかかわってました。

しかしホロスコープの影響受けまくりで
今振り返ってみるとおもしろいです。


あの金環日食の時から
ガラリと人間関係も変わっています。

一緒にそれを見た人とは
完全に縁が切れてしまいました。

 

日蝕、月蝕を見るのは不吉だとも言われますが
それを不吉と呼ぶのでしょうか?

私にとって、自分を取り戻すための出来事でした。

苦しみは伴いましたが、
鎖がとれ、自分が自分に戻ってきた。

縁のリセットといったところです。

今思うと、カルマ精算的な金環日食の観察でした。


一緒に見ると、縁が切れるってわけじゃないですよ!

でも、どうなんでしょう?
あの時、一緒に金環日食を見た人とどうなっているのか?

知りたいですね~。

縁が続く人とは続くし、
自分にフタをして続けてきた関係は切れる。

そのキッカケをくれるのが
日蝕・月蝕なのかなと思います。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆