星でサポート、星がサポート。星で元気になる。   【 hosi-sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

1月17日 山羊座新月

 山羊座新月 1月17日 11時17分 

f:id:hosisapo:20180106175804p:plain

 

17日お昼前、
山羊座新月です。

山羊座
MC周辺に6天体。

かなり密集度高いです。

サビアンシンボルは…

新月【山の巡礼】
強い向上心と努力によって社会的地位へ上り詰めていくような度数。

そこに天王星がスクエア、
火星・木星セクスタイル


天王星
はここのところ
ずっと【2重の約束】に。

火星【X線】
木星【2つの暗いカーテンを引いている女性】

深い洞察を持ち、
意識と無意識をスイッチングして上手く使っていく。
そんな度数にあります。

土星は着々と歩みを進めて
信頼できる仲間と協力し何かを作り上げ確実な業績をあげていく
【大きなカヌーに乗り込む一団】まで来ました。

 

それでは今回も
サビアンシンボルと一緒に
読んでみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・

結果より過程が大事。
などとよく言われますが、

やはり人は、
自分の生きている社会の中で
何かしらの成果を出していくこと。

それが喜びや
生きている実感となるのは
まぎれもない事実です。


向上心を持って進み、
ある程度の位置にくると
その社会の中での立場に
責任を持つことになります。

大勢の人の目にふれる事で
個人としての感情に
葛藤がうまれることも。

 

個人の感情と社会の立場。

日常と非日常。

現実と妄想。

精神面と物質面。

言っていいこと、
言わない方がいいこと。

オープンにしていいこと、
秘密にしたいこと。

 

ふたつのものをうまく
使い分けていくこと。

社会に出るというのは
何かしらの枠におさまるような
そんな場面もあるもの。

でも自分の中には
別の想いを持っていてもいい。

葛藤があるかもしれませんが
やがて混ざり合い、
やわらかな色になって
調和していきます。

社会的なもの、個人的なもの。

切り替える事を覚え
ふたつのものを使っていくことで
自分なりのバランスをみつける。

そんな山羊座新月です。

 


応援clickして下さった方に幸あれ!

 

サビアンシンボルの不思議

私が「占星術っておもしろいな」と
あらためて思ったきっかけが
サビアンシンボルです。

サビアンシンボルとは…

1925年、
アメリカの占星術
マーク・エドモンド・ジョーンズ(Marc Edmund Jones)
詩人、チャネラーである
エリス・フィラー (Elsie Wheeler)
ある実験をしたそうです。
 
その実験とは…
360度に細分化された
星座の度数を書いただけのカード。

その360枚のカードから
湧き起こるイメージを
Wheelerに答えてもらい
それを記録していったもの。

いわゆる、チャネリング、霊視
みたいなものから生まれています。 

私はサビアンシンボルと相性がいいのか?
サインと天体、アスペクトの意味だけでは
湧きづらかったホロスコープ全体のイメージが
サビアンシンボルを一緒に考慮すると
一気につながっていくようになりました。

鑑定させていただくと
偶然とは思えないような
同じシンボルが出てきたり、
同じような意味合いの度数に
天体があったり…

本当に不思議です。

昨年から少しずつ、
360個のサビアンシンボルを
ひとつひとつ落とし込んで
自分なりの分かりやすい文章にして
表にしています。

本当にたくさんあるので
まだ完成に至ってないのですが!

ネットにおちている
無料診断などのキーワードだけだと
なかなか理解不能だったのですが
何冊か本を買って読み込み、
噛み砕いたうえで、短い文にして…

月読みの時に使ったり、
鑑定の際、それを表にして
お渡ししています。

自分のサビアンシンボルも
なかなかに当たりすぎていて
びっくりするのですが(^^;)

ホロスコープをみる時の
かなりな助けになっています。

ひとつひとつを
バラバラに読むのではなく
すべては◯(まる)でつながる。

全体を感じて、視る。

混ぜ合わせて
中心をみつける。

そんな感覚です。

本を読み込むと、
人間の成長する段階が
おもしろいようにつながっており
とても興味深いですよ^^

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

  • 作者: 松村潔
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/11/22
  • メディア: 単行本
  •  
 

 


応援clickして下さった方に幸あれ!

 

やりたいこととお金

キラキラ、ワクワク、引き寄せ系、
震災以降、顕著になりましたが
やっぱり根強いというか
パワーワードなのかなあという印象です。

そして、
それで何をつかみたいのか?

自由とか、豊かさとか
きれいな言葉に変換できるけど…

観察していると、
結局はお金なのかなあ…
というとこに落ち着きます。

(違う!という声が聞こえてきますが!)

だって…だいたいは、
好きなことをしてこれだけ稼いでますとか
やりたいことをやってるだけなのに
こんなに収入が倍増したんです、とか…

そういう話しになっていくんだもの…。

あ、いや、
稼ぐのをどうこう言ってるわけじゃなく。
私は、お金はあればあっただけいいと思ってます。
稼げる時に稼いでおくといい。

やっぱり気持ちに余裕が生まれますから。

じゃあ何が言いたいかというと。

まあこれは答えなんてないのかも
しれないなあといつも思うのですが。

今思っていることを
ちょっと書いておこうかなと。

で。


お金=自分の価値
みたいなとこもあるので
名声とも言えるのかも知れませんが…

お金=エネルギーと言われてたりもして
たくさん入る事を望むってことは
エネルギーがたくさんある自分を望んでいるわけで。

という事は、
やっぱり自分がパワーアップしたような
そんな気分になるという事かなと。

ほんとうのお金持ちって
自分はこれだけ稼いでるとか
こんなに自由に暮らしてるとか
言わないものだなあ…とか…。
息をするように慈善事業やってたりして、
決してこんなのやってます
などと大っぴらにしなかったり…。

このへんの事を書くと
大変長くなるので
ひとまず置いておき…

 

やりたいこと、すきなこと
楽しいこと。

それをやれば
自然とお金もやってくる
みたいに言われてますよね。

まるで大きなお金が入ってこない自分は
すきなことをやってないんじゃないか
みたいな…そんな風に感じたりする人も
いそうだなと思ったり。

 

でも、ここでいつも思うのが、

私のまわりには、
自分のやりたいことに
思い切って飛び込み、

人がたくさん集まり
人気となって。

TVや雑誌に載っているような人も
いるのですが…。

別に大きなお金が入ってる
わけではないんですよね。

普通に暮らせる、
いや、むしろ
細々と暮らせるくらい。

だけど、とても輝いている。

 

ワクワク引き寄せ系の
落とし穴というか、
受け取る側の勘違いは
ここにあるような気がしています。

もちろん、
大きなお金を手にしている人も
周りにたくさんいます。
(スピ系ではないです)

でも人気に火がつくまで
かなり試行錯誤しつつ
何年も地道にやっていた人です。

業種にもよりますよね。

印税が入るお仕事なら
ヒットすれば大きいですし。

芸能界とかもそうですね^^

手作業のものづくりなど
どうしてもたくさんはできないし

飲食の対面販売など
やりたい形態によっては売上も限られる。

なので、やっぱり
やりたいことをやる、というのは
夢のようなお金とは直結しない事だってある。

 

長年観察していて、
いわゆる自分のやりたい事で
輝いている(ように見える)人は
系統が分かれるなあと。

道(タオ)を行く人。
パワフルに上昇する人。

 

占星術視点で言うと、

地道にやりたいことを
仕事にしている人は
土星が効いていたり、
150度が多かったりする印象。

ワクワク系、稼ぐ系の人は
火星が強いような。
そこに海王星もプラスされてる気がします。

なのでスピリチュアルの世界に
たくさんいらっしゃるのかと。

 

自分はどうありたいのか…
というより、

どうある事が自分らしいのか。


やっぱり、
ホロスコープを知る事で
溢れる情報に惑わされず
自分でいられるのかなと思います。

トランシットやプログレスの
影響もありそうですね。

本当に、
持って生まれた星の配置は
それぞれ違っていますからね^^

 


応援clickして下さった方に幸あれ!