星でサポート、星がサポート。星で元気になる。   【 hosi-sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

12月18日射手座新月

 射手座新月 12月18日 15時30分12秒

 

f:id:hosisapo:20171211181401p:plain

 

12月18日
射手座で新月です。

なんと7ハウス射手座に
5天体が大集合!

そこに天王星がトラインとなっていて
なんだかワクワクする配置です。

サビアンシンボルは【2重の約束】

精神的な事と世俗的な事、ふたつの顔を持つ。
全く違うジャンルの仕事や名前を2つ持つなどすることで
自己実現していくような度数。

蠍座にある火星
メジャーアスペクトがなく、
冥王星からクインタイル
新月土星からセプタイル。

 

ぱっと見は、
とっても軽やかでスムーズな
ホロスコープなのですが。

先日、順行になったキロンが
射手座の天体たちにスクエア。

 

hosisapo.hatenablog.jp

 

他者との関わり、社会デビューとなる
ディセンダント越えの7ハウスですが
キロンが葛藤の角度となっています。

それぞれのサビアンシンボルは

新月【彫刻家】
確信を持てる考え方、思想を広める。
伝えることで自分の考えを他者に刻印していくような度数。

キロン【影響を分割する新月
外的環境から独立し魂の根底にある目的を生きていく度数。

火星と木星も自己主張をしていく度数にあり、
これらをどう昇華し使って行くのかが
ポイントとなりそうです。

それでは今回も
アスペクトサビアンシンボルと一緒に
読み解いていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・

自分の中で確かなものになっていること。

それを自分なりのやり方で
表に出していく時です。

イメージやビジョンは、
内にある時、ハッキリしているようで
実はぼんやりしています。

外側、現実世界へと表そうとしたとき、
自分でもどういう形になるのか
わからなかったり。

描いていたイメージを
そのまま表わせなくて
理想と現実のギャップに
もどかしい思いをする事も。

そこで投げ出したりせず
コツコツと形にしていける人が
いわゆる「プロ」というものに
なっていけます。


そして、
やりたいことがあるのなら、
ひとつに絞ろうとせず
まずはどちらもやってみる。

そこから新しいネットワークが
広がって行きそうです。

全く違うジャンルだと
今まであった環境から遠ざかる気がしたり

常識からずれている事で
周りからの反応も気になったりしがち。

新たな広がりと共に、
今までの環境と離れていくのは
なんとなくさみしいものです。

ここでどちらを選ぶのか?

迷うこともありますが、
広がりを感じる方へと向かいたい気持ちが
高まっているのではないでしょうか?

思い切ってやってみると
意外とどちらの環境も
両立できるかも知れません。

うまく切り替えていくことです。

まずは自分自身を
外へと開いていくことで
次の展開へと進んでいけます。

信念を育てる段階である次の蟹座満月、
そして山羊座土星入りに向け、
第一歩を踏み出していく。

そんな射手座新月です。