星でサポート、星がサポート。星で元気になる。【 hosi-sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

11月11日獅子座下弦の月

獅子座下弦の月 11月11日 5時36分

f:id:hosisapo:20171109163532p:plain

 

11月11日 
獅子座で下弦の月です。

満月に向けて欠けていく月。
葛藤が起こりやすい時です。

ちょっと気になったので
満月新月じゃないけど記事にしてます。

以前スピスピしてた時は
11月11日はかなり特別視していた記憶が。

ちょっと今日の記事は
そんな雰囲気になっちゃいました。

降りてきたものを
バーーーっと書いちゃった。

全然まとめてません!


太陽【聴いてはしゃべっているオウム】
直感、超意識、高次元…無意識とつながって
自分では分かっていないまま
それにしたがって行動していくような度数。

ハウスボートパーティー】
何事にも縛られず、自分の変化にともなって
自由に動いていくような度数。

月はMC・ドラゴンヘッド
コンジャンクション

そこに太陽がスクエアです。


とても揺れやすい配置になっています。
感情が、というよりも自分軸みたいなもの。

それをうまくスイッチングすることを
教えてくれているようです。

夢と現実、内側と外側、
3次元と高次元、意識と無意識。

これをうまく使いこなすために
通らなければならない道のようなもの。

地球で生きるためには、どちらも必要なのです。

直感や高次元だけが素晴らしいわけではない。

とはいえ、そっちを極めて、
もう物質として存在しなくていいようになるのもアリっちゃアリ。
要するに短命です。

本当に高次のものを降ろしてる人って
早くに亡くなったりするものですよね。

極めつつも、あえて逆に
地球の事をやっている人もいます。

解っててやるのと、解らずにやるのと。
大きな差がある。


でももう、
そんな次元は過ぎたような気もしています。

2013年頃から急激に
地球の振動数も上がった感じ。

太陽もかなり活発でした。

そんな時期も過ぎて
今はどれだけ振動数の高い
微細で目に見えないものを
現実に、地におろしていくか。

高次のことも地球のことも。

どっちもやっていく。


そういう時に来ています。


これはシンクロだから
こっちへ行けってことかも!

というのは
頭、意識、思考なんだろうと
つくづく思います。

頭、意識、思考には
常に邪魔が入ってしまう。

本当にそれは自分の魂から
湧き出て来たものなのか?

本当のシンクロの時は
そんなこと考える間もなく
過ぎてしまってから
そういえばすごい流れだったなあ…

と、思いを馳せる。

夢中で過ごしたあと
感謝が湧き起こる。

そんなものです。


揺れながら、わからないなりに
模索しつつも立ち上がり進んでいく。

そうすることで
周り、外側、環境に支配されず
突き進んでいく強さが備わっていく。

そんな獅子座下弦の月です。