星でサポート、星がサポート。星で元気になる。   【 hosi-sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

月と冥王星

占星術を始めた頃
長患いの末、母親が他界しました。

まだ全然ホロスコープを読めず、
母とのシナストリーや5重円など
見たことないままだったのですが。

ふと、見てみようと思いました。


すると…


私の月に母の冥王星がピッタリ180度
私の冥王星に母の月が0度

月・冥王星のコンビでした…!


最近、月・冥王星について
考えていたのですが…
まさか母とのシナストリーが
こんなあからさまな月・冥王星だとは。

親からの根深い圧力みたいなものは
これだったのだと。

母が他界したことで8割軽くなったのですが
父もオーブ2度で私の月に180度なので
まだまだこれは続きます。

私に対しては
特に厳しいわけでもなかったのですが
色々と問題を抱えている両親でした。

なぜか家族の中で私だけが
その両親の重苦しいものを
背負っているようでした。

両親を支えなければ、とか
次は何を言ってくるんだろう…とか
プレッシャーが常にあります。

そして元夫は、
月・冥王星コンジャンクション
出生図に持っている人でした。

結婚後、急に感情的になったり
母親との関係性が発覚したり…

 

両親には本当に苦労させられたのですが…

いや、もちろんすべて学びだし
苦労って言葉は好きではないけど
もう、苦労としか言いようがないような
精神的・経済的負担がすごかったのですよ…。

180度は2ハウス・8ハウスだったから?


知らぬ間に、
月・冥王星の学びが
やってきてたんだなあと。

母とは離れて暮らしていても
なぜかいつも母の事が思い出されて
身体もキュッと苦しくなるような感じでした。

パーソナルな月の向かい側から
母の冥王星が見張っているわけだから
そりゃそうだなあと…。


シナストリーでの月・冥王星
冥王星側が月の方へ
感情面や生活面で影響を与えるとされています。

私の冥王星
母の月とコンジャンクションなので
母の方は無自覚だったかも。

お互い様だったのでしょうか。

そういえば、母が他界後に
霊媒の友人に霊界通信してもらったのですが

あんたは深刻すぎると。
確かに生前よく言われていました。

そして見えてくる母から見た私のイメージが
暗い井戸の底に体育座りしてるらしいんですよ。

は~~?失礼な!
そうさせたのはおまえじゃー!


と、占星術を知らなかったので
そう思ったのですが。

その後読んだ本で
松村先生が喩えてる貞子
そのまんまじゃん!と(^^;)

確かに、両親に対してだけは
そんな風になってしまうのですよね。


冥王星の学びは
表面的な事で語れないというか
この重圧は言葉にできないというか。

それくらい重みがあります。

私の場合4ハウスにあるので
基盤にいつも何か
底なし沼があって
よくわからなくて身構えてしまう…

そんな感覚です。

たまにそれが
家族の事で現実化する事も。

基盤のところで
極限状態を体験する感じ。

本当に死と隣り合わせ!
くらいな感覚なんです。

何かうまく他に使えないか
方法を模索中ですが
やはり究極な、極限的な感情体験をして
放出するのがいいのかな?
という感じがします。

現実に両親の事で
何か問題が表面化して
極限状態になる時って
何か感情が放出できてなくて
フツフツとしている時かな…?

と、共通点を探ってみたりしています。

音楽や表現活動で感動を味わったり
冥王星的なメソッドをやっていた時は
あまり現実的な問題が起こったりはしなかったような。

何か冥王星の計り知れないパワーを
月を通して放出する。

日常的な事じゃなくて
非日常的なことで。

 

イメージとしては、

武道館のステージに立つとか
役者として究極の役を演じるとか
野球選手となりメジャーで優勝するとか
オリンピック出場して金メダル取るとか

それくらいの究極体験。

それを疑似体験できるような
何かをやるといいのかもしれません。

そしたらいい方向で
冥王星パワーが使える。

私も実際そういう活動をやってたりします。

最近できてなくてフツフツしてたからか
それを放出するためなのか
問題が現象化してしまいました~~
ひぇ~~~

あ~~、私には非日常的な
究極体験が必要なのかと
あらためて思ったのでした。

だからそういう活動を
やりたくなってしまうのかと。

生きるか死ぬかみたいな
映画や漫画を見るのもいいかも。

そういえば、私は子供の頃
ホラー漫画が大好きでした。


スピリチュアルな事で
パワーを使うのもよさそう。
月・冥王星
見えないものを感じる力を
すごく持っていると思います。

だから心や感情が揺れる。


あと、
月の上に木星を乗せてくれる相性の人といると
やわらぐ気がしています。

ピッタリ乗っけてる友人がいるのですが
ほんわり気分でいられます。

これが一番の安全策!

だけど、ずっとほんわりしていると
物足りなくなるというのもある。

結局は究極の感情体験を
求めているという事なのかもしれません。


他に活かせそうなのは
月・冥王星を持つ人の
気持ちが分かるという事でしょうか。

両親とのシナストリーでこれですから
出生図で持ってる方は
計り知れないくらいのものを
内側に持ってるのだろうなあと。

何か自分なりの方法で
使えるようになるといいですね…!

私も色々と試してみようと思います。

 

 


応援clickして下さった方に幸あれ!