星でサポート、星がサポート。星で元気になる。【 hosi sapo 】

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

土星回帰と土星オポジション

今日は、土星回帰を
自分自身と照らし合わせて
振り返ってみたいと思います。

2003年。
土星・金星コンジャンクション
土星回帰を迎えました。

ちょうど今現在、
大きく進もうとしている事を
やり始めた時です。

その時は占星術はおろか、
占い大嫌い人間だったので
全く意識していなかったのですが…

まさか土星回帰の時だったとは。

ホロスコープを見てびっくりしました。

あれから15年。
紆余曲折ありつつ、ほそぼそと続けてきました。

N土星T土星オポジションになるのは
2018年1月。

ちょうど山羊座に入ってすぐの時。
しかも私の場合、DSCを越え
7ハウスに入ります。

何か自分にできることを…
と始めたことが表に出ようとしている感じです。

もしかすると、
このブログもそうかもしれません。

ネイタル、プログレス、トランシット…
色々と海王星が関わったのもあり
土星回帰の前年、
体調不良をきっかけに
自分自身の探求を始めています。

自分とは何か。

健康とは何か。

自由とは何か。

魂とは何か。

1ハウスにあるからか
根本的なことを掘り下げていたような感じです。

 

約29年かけて
ホロスコープ上をめぐってきた土星

大人として、社会人として
自立を促してきます。

その15年後、
今度はうまれた時の土星
真反対の位置にめぐってきます。

年齢で言うと、43~46歳。

大人としてスタートした自分自身。

15年かけて育ててきたものを
しっかりと形にしていく。

チャレンジしていく時なのかも知れません。

それがどういうフィールドで
行われていくかは、
T土星が入っているハウスによって
それぞれ違ってくると思います。

私の場合、現在6ハウスにあるので
本当にこの数年間は
とにかく準備、細かい作業といった感じでした。

山羊座に入って
しかも7ハウスでDSC越えとなると
なんだか大忙しになるのではないかと
ちょっとビビリ気味です(^^;)

前の時は~?
と、振り返ってみても
当時は高校入学したばかり。

確かに色々広がって忙しくなったけど
楽しいことしかなかった~!

やはり、一度
土星回帰を迎えることが
社会人として必要なのかも知れませんね。

 

土星回帰も
土星オポジション

人生のうちに2、3回しか
体験できないわけですから
心して有効に使いたいものです。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆