星でサポート、星がサポート。星で元気になる。

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

ドラゴンヘッドが獅子座へ

5月10日の明け方、
ドラゴンヘッド乙女座→獅子座へ移ります。

ドラゴンヘッドは惑星ではなく
月の軌道と太陽の軌道の交点。

ノード軸と呼ばれ、
オポジションの180度向かいは
ドラゴンテイルです。

この軸は、
ホロスコープ上を逆行していきます。

なので、乙女座から獅子座へ
後ろ向きに移動するわけです。


感受点だけど個人的にすごく大切というか
日々の生活に関係してる気がしています。

やりたいこと、やらなけらばならないこと
という意味も含めての生活。人生。

特に私の場合、
アセンダント・ディセンダントの
アングルにかかっているから
そう感じるのかも知れません。


一番初めに買った占星術の本が
ドラゴンヘッドを解説している
この本なのも何かあるのでしょう…。

前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか

前世ソウルリーディング―あなたの魂はどこから来たのか

  • 作者: ジャンスピラー,Jan Spiller,東川恭子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2000/12/15
  • メディア: 単行本
 

 

サインは人の成長サイクルを表しているわけだけど
ドラゴンヘッドはそのサイクルを退行する。

ノード軸が魂に関係しているとすると
魂は原点に戻っていくという事なのかなと。

よりピュアになっていくことを
魂は求めている。

けれどこの地球上では
真反対の事をしているのかも知れない
と思ったりします。

 

さて…


2015年の11月から
乙女座にいたドラゴンヘッド

この1年半くらいの間
今やっている事をきちんとしようと
していたのではないでしょうか?


私自身を例にあげると
ちょうど2015年冬から
お仕事のコンサルをお願いし
基盤を構築していこうと決めました。

周りを見ていても、
仕事のスキルアップとして資格取得したり
なんとな~くやっていた個人事業主の人が
パンフから何からきちんと整えたり…
あるイベントグループが楽しくやるだけでなく
コンセプトやブランディングを考え出したり
ずっとカフェをやっている方が
どうやって売上を上げるか試行錯誤していたり…

そんな人が続出していました。

その頃は占星術を勉強していなかったので
なんだか私がやっている事をみんなもやっているなあ…
世の中の動き的にそうなのかな?

くらいに思っていましたが…

ドラゴンヘッドが乙女座に入ったのですね。

ちょうど木星が同時期に
乙女座入りしたのもあるかも知れません。

ノード軸を「人との縁」と考えると
乙女座的な縁が広がったのではないでしょうか。

乙女座はとにかく実用的な感じで
働くこと、整理整頓、管理すること
などと言われています。

それが獅子座へ移動する。

個人性が求められる流れが来る…
というか、もう来ている気がしますね。

みんな、実務的な事を終えて
さてどういう風に表現していこうか?

という流れに入っている感じに見受けられます。

私自身もそんな流れの中にいます。

自分をアピールする、というより
自分自身の中にどう誇りある自分を存在させるか
という感覚です。

自分で自分を認めよう
というような表面的な事ではなくて

自分であるしかない。
という確固たる自信のような
不動の軸みたいな感じ。

前回ドラゴンヘッドが獅子座にいたのは
1998年10月~2000年4月頃。

その頃、どういう自分だったか
内側でどんな変化があったか?

思い返してみるのも
おもしろいと思います。

う~ん、私は離婚を決め
今やってる仕事へ飛び込んだのが
ちょうど1998年10月…!

かなり思い切った行動でしたが
自分はこれをやるんだ、という
信念みたいなものがありました。

離婚や大変な事はあったけど
自分の中に大きな軸があって
苦しみや悲しみの中でも
誇りを持って過ごしていたなあと。

ふ~、これを書いて気がついたけど
またもやホロスコープ通りに
動いている自分を発見しました。

ドラゴンヘッド・テイルの
ノード軸はまだまだ研究の余地がありそう…。

バーテックスとともに、
自分と照らし合わせつつ
観察していきたい感受点です。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆