星でサポート、星がサポート。星で元気になる。

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

本質をみつめる②

じゃあ、占星術の本質は何なのか。

元々は古代から培われてきた
自然、宇宙の星々と
地球に住む人々との関係。

それを知るための学問として
長い歴史の中で確立されてきたもの。

未来を言い当てるために出来たもの
ではない事が分かります。

占星術ソフトで未来のホロスコープを見る事もできますが
それで「具体的に何が起こるか」は分かりません。

こういう流れになる、というのは読める。


ホロスコープで大きなスパンの動きを見ていると

ああ、人生いろいろだな。

と思うのです…!


う~、このへん、ちょっとキツそうだなとか
わー、この時はすごく調子よさそうとか

そんな感じで眺めます。

傍観している感じです。

 

占星術は、

客観的に広い視点で未来を捉え、
流れをつかみ、どう生きていくかを
選択するためのツール

だなと。

分かっていれば
前もって対策ができる。

覚悟もできる。


かかってこいや!と(笑)


きたきた、土星回帰や!

冥王星パンチきた!!

木・天光線じゃ!


超えてやるわーーー!!!


みたいな
ゲームクリア感覚になれたら
生きていくのが楽しくなる。

でもこれは、
表面的なものなのかも知れません。

 

宇宙の中に生きている私達。

目に映る星々。
満ちる月、欠ける月。
輝く太陽。

子供の頃から夜空を見るのが好きでした。

そして、こんなことを思っていた記憶があります。

 

日々変化していく空を見る。

星が動いているの?

月の形が変わるのはなぜ?

太陽が昇ってくる場所が毎日違うのはどうして?

それぞれの声に耳をすませる。

あのひそやかな光の星は
大きくて遠い?小さくて近い?

そんな宇宙の中にいる自分。

その広さを感じてみる。

 

ここに占星術の本質があるような気がします。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆