星でサポート、星がサポート。星で元気になる。

占星術、スピリチュアルなヒントで 「元気=元の気=自分らしく」

冥王星とつながる

天体を意識し体感するシリーズ第9回。

 

冥王星

魂そのもの、深さと広さ、無意識的だけど超意識的、遠いけど一番近い

気付かない真実、静けさ、何もないのにすべてある…

 

私が冥王星を思う時、こんな言葉が浮かびます。

破壊と再生と言われている星ですが
その言葉は恐怖のイメージが先行してしまいます。

確かに、3次元の意識で冥王星を見ると
なんだか恐いイメージが湧いてきます。

自分自身を見るのが恐いという感覚と似ている。


ほんとうの自分を見てしまうと、今の自分が壊れる。
だけど、ほんとうの自分がうまれる。

これが「破壊と再生」という事なんだと思います。

人間だけの事ではなく、いろんな物事にも当てはまって
大切な芯の部分を忘れてしまった物事は、
それを取り戻すために一度壊されてしまう。

この部分だけを思うと、恐いな…って思いますが
「ほんとうのこと」が浮かび上がり
それを軸として再生していくしかないんだから
希望があるんですよね。

恐怖の感覚は未知だから「恐い」と頭が思うだけで
体感的には未知の恐怖とワクワクって、実は同じ。


冥王星には、そんな感覚的で未知なるものがあるように感じます。

 

↑ 1日1回ポチッと応援お願いします☆